読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒーローインタビュー~旅人ヤスによる誰かが得する日記、しない日記~

自分と、大事なものを大事にし続けて生きてみると・・・。ただの日記と誰かにとってのヒーローになるまでのただの記録です。


男の友情。井端弘和の引退会見。

 

“ 『他人の気持ちになって考えろ』と言われてはきたけど

 

想像を超えて 心は理解しがたいもの ” ですね。

 

これは僕の好きなMr.Childrenの「口がすべって」という歌の歌詞の一部分なんですが。

 

どんだけ心で相手を思ってても、口で言葉に出しても、相手が持つ本当の気持ち・本音自体は見えないもんっすよね。

 

もちろんお互いの関係性や口調などによって、伝わる事も多々ありますし。

 

 

 

読売巨人軍井端弘和の引退会見が心にグッと来るものがあった。

 

引退自体、ビックリしたというか寂しかったのが正直なとこですが。

 

んで、引退の理由を聞かれると、監督就任が決まった高橋由伸への思いを口に。

 

(引用)

「同級生の由伸より長くやることは絶対にないと思っていた。昨日、彼が現役を引退して電話をもらって、それからやめようと決めた」

「同世代のスターで高校、大学とずっと見てきた。由伸がやめる時はやめると決めていた。最後に一緒にプレーできて一緒にやめられる。これほど素晴らしいことはない。彼のおかげでいい野球人生を送れた」

 

いつもベンチで隣に座っていたけど、ここまでの友情があるとは知らなかった。

 

ただ同じチームの同級生で仲が良いってだけではなかなかここまで言えない。

 

そのすがすがしい表情や話し方に、この友情は本当なんだろうなと思ったわけです。

 

現役引退の寂しさと共に2人の関係性に感動しました。

 

 

冒頭に言ったように、他人の心は想像を超えて理解しがたいものですが、

お互いに信頼、信用があれば、そんなことを理屈で考えることなんてどうだっていい。

 

俺にも、自分の言葉でそういう事を言える友人、間柄がいる。

と思う。

 

大事にしよう。

 

井端!来年は巨人のコーチとしてよろしく!

 

 

こりゃ来年の巨人こそが本当の意味で「新生」だよね?! ⇒