読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒーローインタビュー~旅人ヤスによる誰かが得する日記、しない日記~

自分と、大事なものを大事にし続けて生きてみると・・・。ただの日記と誰かにとってのヒーローになるまでのただの記録です。


実は熱い男。ウルフ・高橋由伸。

 

最近、日記とはいえども巨人絡みの話が多いですが、今日もまた巨人の話。

 

今までの野球の日本代表で僕が最も好きなチームは、長嶋JAPANでアテネオリンピックを戦った時のチーム、という事は過去にも言った。 

(谷、和田、小笠原の引退に思う事。野球の伝道師。 )

 

 

その時のチームの中心的役割を担っていたのは、主将の宮本慎也選手と、ベテランと若手のパイプ役となっていた高橋由伸だったらしい。

 

由伸は巨人の試合ではクールに見える。ホームランを打っても派手なパフォーマンスはしない。

時折感情が出る事はあったかもしれないしケガを恐れぬ熱いプレーもあったが、周りからのイメージもあるだろうし多くはスマートなプレーだった。

 

動画は、そんな由伸が予選といえども絶対に勝ちたい試合で台湾の英雄・王建民からホームランを放って、感情を爆発させたガッツポーズでホームインするシーン。

 

これは本当にカッコよかった。テレビの前で俺も興奮冷めやらなかった。

 

そう、彼はただ決してクールに振る舞っているわけではない。

天才とも言われるが非常に熱い気持ちを持った男だ。

 

 

向こう10年、20年と野球界を牽引していく存在であろう。

巨人の試合でも大事な負けられない展開で、こういうシーンが見れれば・・・。

 

そして。

時の巡り合わせで、いつかは国際試合のタクトを振るってもらいたい。

その時は宮本慎也と共に。

 

 

あ、2軍の打撃コーチに二岡が入閣するみたいだから、スキャンダルはダメよ!!笑

 

 

にしても由伸イケメンやな。

 

 

天は彼に二物を与え、俺には立派な一物(イチモツ)を・・・ ⇒