読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒーローインタビュー~旅人ヤスによる誰かが得する日記、しない日記~

自分と、大事なものを大事にし続けて生きてみると・・・。ただの日記と誰かにとってのヒーローになるまでのただの記録です。


19(ジューク)は俺の青春で、すべてだった。

 

もうこのタイトルだけで泣きそうになるな。

 

社会人になってからの俺の青春の歌手、バンドがMr.Childrenであるなら、

 

学生時代の青春の歌手、ユニットは紛れもなく『19(ジューク)』だ。

 

大好きだった。

 

中3の冬に解散してから、高校時代もずっと聞いてた。解散してからの方が聞いた。

春も、夏も、秋も、冬も。

(春は特に“果てのない道”、夏は“恋”、秋は“Sing a song”、冬は“背景ロマン”を…)

 

 

ジュークは本当の意味で俺の青春だった。

健治の格好、服装、帽子から半ズボンにスニーカー、カラオケでの歌い方まで、本当に真似した。

大きく影響された。

❝19❞歳の時に金髪にしてみたほど。

 

 

アルバムの曲から、シングルのカップリングまでほぼ全部聴いた。

 

特にミリオンを売り上げた1stアルバムの『音楽』は今でも色褪せない名盤だ。

 

f:id:tabibito19:20170411001947j:plain

 

4曲目の ❝ 恋 ❞ という唄がめちゃくちゃ好きだ。19で1番好き。恋しそうな時、恋してる時、通学のバスの中、色んな場面で聞いた。

 

12曲目の ❝ ビルは程遠い街 ❞ もめちゃ聞いたな。歌詞と高校1年時の自分をリンクさせて。

東京という都会に旅に行った時も、イヤホン越しによく聞いてたっけ。

デビューして1番最初のアルバムなのに、高い完成度と青春のすべてを体現したような甘酸っぱい曲たち。

 

俺の青春だ。安易な再結成はむしろして欲しくない。

いや、見たいけど。

 

 

12日のナカイの窓が楽しみ過ぎだ!

 

 

高校3年生の最後のテストの時、本当にテストの裏に夢を書いたのは内緒の話🎵